2006年11月06日

猫エイズウィルス感染症

猫エイズウィルス感染症

●症状
 猫免疫不全ウィルス感染症とも呼ばれる。
 猫免疫不全ウィルスを持つ猫の唾液などがケンカなどによるかみ傷から
 感染する。
 初期段階は無症状だが、病気やケガの治りが悪くなったり鼻炎、下痢、
 口内炎などの症状が現れたりする。

●治療
 現在の所、この病気のワクチンやウィルスを殺す薬は見つかっていない。
posted by なつ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症

2006年11月05日

肺水腫

肺水腫

●症状
  軽いときは乾いた咳が少し出る程度であるが、重くなると肺にたまった
  水のせいで呼吸困難がおこり咳もひどくなる。
  食欲不振、発熱、脱水症状などの症状も現れる。

●原因・治療
  猫ウイルス性鼻気管支炎や猫カリシウイルス感染症など他の呼吸器の
  病気が原因で起こることがある。
  また事故のショックなどの呼吸器以外の病気が原因で二次的に起こる
  こともある。
  軽いうちに早めの治療が必要である。呼吸が楽になるように喚起に注意  して興奮させないように安静にしておく。
  
posted by なつ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気管系の病気

2006年11月04日

毛球症

毛球症

●症状
  食欲不振、便秘、嘔吐などをおこし毛球をはき出す。

●原因・治療
  毛を自分でなめまわしてグルーミングする猫が消化器の中に毛がたまり
  毛糸玉が出来てしまうことが原因。胃腸内に異物として停滞してしま
  う。長毛の猫は季節のかわりめにまめにブラッシングしておくように
  する。体内にたまった毛球を溶かすフードもあるので定期的に食べさす  ようにしておく。
  
posted by なつ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 消化器系の病気

横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニア

●症状
  体を動かすと呼吸が荒くなり呼吸困難をおこす。
  ぐったりして動けなくなったりと重い症状を示すことが多い。

●原因・治療
  交通事故や高い所からの落下などによる強い衝撃をうけた事により
  横隔膜が破れた状態になっている。
  腹部や内臓が肺の方に入り込んだために呼吸がしにくくなっている。
  すぐに獣医師による治療が必要である。ほとんどの場合、緊急の手術と  なり、当分安静にしておく。
  
posted by なつ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気管系の病気

2006年10月31日

猫カリシウィルス感染症

猫カリシウィスル感染症

●症状
  高熱や鼻水、くしゃみなどの症状があらわれる。
  症状が進むと舌や口の周りに水疱や潰瘍が出来、激しい痛みを伴う。
  水や食事をうけつけなくなる。
  二次感染を起きると肺炎を併発し死亡することもある。

●治療
  ワクチンがあり予防可能なので必ず接種しておくようにする。
  ミルクやスープなど液体の食べやすいものを少しずつ与え、
  脱水症状等を起こさないように注意する。
posted by なつ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気管系の病気

猫ウィルス性鼻気管支炎

猫ウィルス性鼻気管支炎

●症状
  「猫の鼻かぜ」と呼ばれるものでヘルペスウィルスが病原体である。
  高熱や食欲不振、鼻水やくしゃみ、目やになどを起こす。
  重篤になると下痢や脱水症状を起こし、放っておくと肺炎を起こして
  死に至ることもある。

●治療
  ワクチンがあるので接種して予防する事が望ましい。
posted by なつ at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 気管系の病気

猫ひっかき病(猫ひっかき熱)

猫ひっかき病(猫ひっかき熱)

●症状
 バルトラ・ヘンセラという細菌が原因となって起こる。
 猫によるひっかき傷、噛み傷、又は感染している猫のノミに噛まれる事に
 よって人間に感染する。
 感染後の症状としては、リンパ節が腫れて発熱する場合がある。
 主に子供や免疫力が低下した大人に感染する。

●治療
 症状は軽く、抗生物質で治療する。
 猫ののみを徹底的に駆除することが感染の予防となる。
posted by なつ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間へ感染する病気

熱中症

熱中症

●症状
  暑さや太陽の日差しを浴びすぎることによって起こす。
  舌をだらりと出してゼイゼイ喘ぎ、口の中に唾液や泡をためる。
  体温が高くなりすぎるとショック症状に陥ることもある。

●治療
  スプレーなどで全身を濡らしたりしてすぐに体を冷やす。
  ただちに獣医師に連れて行き、低酸素血症による脳の障害を起こさない
  ように処置を受ける。
posted by なつ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

猫気管支喘息

猫気管支喘息

●症状
 猫が呼吸困難を起こした場合気管支喘息が考えられる。
 人間の喘息ときわめて似た症状が見られる。

●原因
 空気中の花粉、ホコリ、又はトイレの砂などのアレルギー症状と思われる
 
●治療
 呼吸困難を起こすと命にかかわる重篤な症状なのでただちに獣医師による
 手当が必要である。
 喘息の症状を軽減することは出来るが完治するのは難しい。
 

posted by なつ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気管系の病気

2006年10月19日

ウィルス性呼吸器感染症

<ウィルス性呼吸器感染症>

●概要
 この病気は、2種類あり、ネコカリシウィルスにようるものと、ネコヘルペスウィルスによるもの。鼻炎の症状がでる。

●感染・症状
 ウィルスがのどや、気管などの呼吸器に感染する。症状としては、鼻炎や風邪の症状で、くしゃみ、鼻水、のどの炎症など。ひどくなると、舌の業面がただれたり、口内炎、舌炎の症状もあらわれる。

●治療・予防
 薬により治療するか、流動食などで猫の体力を保たせる方法がある。

posted by なつ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症