2006年11月04日

毛球症

毛球症

●症状
  食欲不振、便秘、嘔吐などをおこし毛球をはき出す。

●原因・治療
  毛を自分でなめまわしてグルーミングする猫が消化器の中に毛がたまり
  毛糸玉が出来てしまうことが原因。胃腸内に異物として停滞してしま
  う。長毛の猫は季節のかわりめにまめにブラッシングしておくように
  する。体内にたまった毛球を溶かすフードもあるので定期的に食べさす  ようにしておく。
  
posted by なつ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 消化器系の病気

横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニア

●症状
  体を動かすと呼吸が荒くなり呼吸困難をおこす。
  ぐったりして動けなくなったりと重い症状を示すことが多い。

●原因・治療
  交通事故や高い所からの落下などによる強い衝撃をうけた事により
  横隔膜が破れた状態になっている。
  腹部や内臓が肺の方に入り込んだために呼吸がしにくくなっている。
  すぐに獣医師による治療が必要である。ほとんどの場合、緊急の手術と  なり、当分安静にしておく。
  
posted by なつ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 気管系の病気