2006年10月17日

猫汎白血球減少症

<猫汎白血球減少症>

●概要・症状
 嘔吐と高熱が続き、食欲がなくなる。。その後下痢や血便が見られる。仔猫が感染すると、数日で死亡する可能性がある。妊娠中の母猫がかかると流産や死産に至る可能性がある。

●原因
 病気となった猫の便、尿、唾液、吐瀉物などを通じて原因となるパルボウイルスが感染することにより発生する。

●治療方法
 水分や栄養の補給をして、猫自身の力でウイルスに打ち勝つのを助ける。
 ワクチンによる予防することにより発生を防ぐことができる。仔猫のうちにワクチンを摂取することが望ましい。
 


 
posted by なつ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1474143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック