2006年10月31日

猫ウィルス性鼻気管支炎

猫ウィルス性鼻気管支炎

●症状
  「猫の鼻かぜ」と呼ばれるものでヘルペスウィルスが病原体である。
  高熱や食欲不振、鼻水やくしゃみ、目やになどを起こす。
  重篤になると下痢や脱水症状を起こし、放っておくと肺炎を起こして
  死に至ることもある。

●治療
  ワクチンがあるので接種して予防する事が望ましい。
posted by なつ at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 気管系の病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1624263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック