2006年10月31日

猫カリシウィルス感染症

猫カリシウィスル感染症

●症状
  高熱や鼻水、くしゃみなどの症状があらわれる。
  症状が進むと舌や口の周りに水疱や潰瘍が出来、激しい痛みを伴う。
  水や食事をうけつけなくなる。
  二次感染を起きると肺炎を併発し死亡することもある。

●治療
  ワクチンがあり予防可能なので必ず接種しておくようにする。
  ミルクやスープなど液体の食べやすいものを少しずつ与え、
  脱水症状等を起こさないように注意する。
posted by なつ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気管系の病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1624281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック